さらばゲームボーイカラー

gbc.jpg
帰宅後、晩飯を食ってからふと食休みの間にでもプレイしようとゲームボーイカラーを起動したところ、どうもスタートボタンが反応しなくなっている事が判明。
何かの間違いかと思い何度も試したものの、忍者龍剣伝は一向にタイトルから進まないし、相撲ファイターはメニュー画面が開けない。
いやー、こりゃ完全に逝っちゃってますね・・・まいったなぁ。
確かポケモン金銀発売と同時に買った覚えがあるから、もう16年以上も現役で動いていた事になるんですよね。
とはいえ、そんなにスタートボタン強く押した記憶あったかなぁ(´・ω・`)?
まぁ強く押さなくても、当時流行のポケモン及びそのフォロワーは大体スタートボタンでメニューを開く仕様だし、そう考えると意外に酷使されるボタンだったのかもしれないですね。
うーん・・・残念だけど、壊れちゃったものは仕方ない。
幸い我が家にはアドバンスSPやスーパーゲームボーイがあることだし、ゲームボーイのソフトをプレイする上で困る事は殆ど無い。
後の事はこいつ等に任せて、ゲームボーイカラーには安らかに眠って貰おう・・・と、ここまで書いて気付いちゃったんですよね。
上の画像にもありますが、『コロコロカービィ』。
これ、ゲームボーイカラー実機じゃないとまともにプレイ出来ないじゃん!と。
言うまでもなく本体を傾けて遊ぶシステムの為、プレイする本体は携帯機でなければならず、更にアドバンスSPはゲームボーイカラーとは違い差し込み口が下になっている為、傾ける操作が上下反転してまともに遊べないという罠。
という訳でタイトルに「さらばゲームボーイカラー」と書いておきながら、我が家のゲームボーイカラーはコロコロカービィ専用機として現役続行と相成りました。
これならスタートボタン使えなくても問題無いし、これからも頑張って貰いますかね。

steamで売ってた。

Shantae and the Pirate's Curse、ずっと北米版3DSとWiiU限定だと思ってたんですが、
4月から普通にsteamで買えるようになってたみたいですね・・・全然気付かなかったですわ。
ss.jpg

というのも、Pirate's CurseのRTA走者を探してみたらなんと国内に1人居て、
その人のプレイverが「steam版」という事で、ようやく販売開始していた事に気付いたという。
ともあれ、これでプレイの敷居は多少下がったんじゃないかなぁとは思います。
が、steamよく分からんし煩わしそうだから使わん!という人も居るでしょう。僕のように(マテ

ss_20150923220726c1f.jpg
いつの間にかローカライズ版(しかもパケ版)の発売が決定してました(歓喜
ファン自称してる癖してチェックがガバガバじゃないですかね・・・?
steamのDL版(2000円くらいだった筈)と比べてやや高価な気がしないでもないですが
パッケージ版が発売されるとは夢にも思ってなかったので、正直価格はどうでもいいです。
愛あるドットと絶妙なゲームバランスがたまらない良作なので、
steam版とパケ版、二つの発売をキッカケに沢山の人にプレイして貰えたら良いなぁ、と。

そうそう、このPirate's Curseはshantaeシリーズの3作目で、2作目のRisky's Revengeは
DSiウェアでのリリースが去年辺りからインターグローのツイートで告知されてたんですが
先日公開されたファミ通.comの開発者インタビューではしれっと対応ハードがWii UとPS4に変わってるんですよねぇ。3作目は3DSなのに、2作目はWiiUとPS4ってどうなのよ・・・?
とはいえ、インタビューでは開発者であるマット氏が『現代のゲームとアニメの故郷である日本に上陸出来て嬉しい』とコメントしているし、対応ハードは兎も角まずは『ローカライズされた』という事実が一番重要なのかもしれないですな。いやー、実にめでたい。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top