スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「作葬グレイブキーパー」プレイ雑感+最短日数チャートもどき

サークル「てりやきトマト」のカナヲ氏制作のフリゲ「作葬グレイブキーパー」
エンディングまでクリアして更に数周ほどしたので雑感を書いていきます。
プレイ時間は2時間程度。どんなゲームかざっくり説明すると、
素材から作成したアイテムを駆使して戦うリソース管理系のRPGです。

グレイブキーパー (1)
舞台は瘴気に沈んだ世界に存在する、人類が唯一暮らす積層都市バベル。
瘴気に呑まれ、魔物が跋扈する危険な下層エリアへ兄が向かった事を知ったリーザは
唯一の武器「クラフト魔法」を頼りに、兄を止める為自らも下層へ向かう...
といった感じのあらすじで、プレイヤーは拠点とダンジョンを往復しつつ
敵を倒す、もしくは採集で集めた素材からより強いアイテムをクラフトし、
ダンジョンの奥深くへと潜っていく、という流れになっています。

グレイブキーパー (2)
ダンジョンはランダム生成で、シンボルエンカウント制に加え
自分が動けば敵シンボルも動く不思議のダンジョン方式です。
敵シンボルに接触すると画像のような表示が出るんですが、
注目すべきは敵のステータスと行動パターンが開示されていること。
これを参考に手持ちアイテムの残数や効果、残りHPと相談して
戦闘を挑むか、回避して探索に専念するかを判断するのがキモですね。

グレイブキーパー (3)
敵との戦闘は一対一で行われます。リーザのメイン攻撃はアイテムを使う事
アイテムを使えば必ず先制出来ます。逆に素手での殴りは貧弱なうえ、
必ず後攻となってしまうので素手で殴るメリットはほぼ無いに等しいです。
限られたアイテムをいかに効率良く使って敵を倒すか、
もしくはHPを犠牲に弱いアイテムで倒して強いアイテムを温存するか。
そういった先を見据えた戦略を練りながらのバトルも本作の醍醐味です。

グレイブキーパー (4)
アイテムの効果や素材の採集可能エリア、
敵の詳細等は拠点でいつでも確認する事が出来ます。
敵の行動はボスも含め明確にパターン化されており
例えば画像の「ムシバミ」は1ターン目に状態異常攻撃、
2ターン目に雷属性のD15(=15ダメージ)攻撃というパターンなので
2発で倒せるなら状態異常を食らうだけで済みますし、
状態異常も食らいたくない場合は一発で倒す必要がある訳ですね。
この「ムシバミ」が落とす素材はどれもボス戦で有用な物ですが、
ではこいつを一発で倒す為に必要なアイテムは何か?
それを作る為の素材はどこで集めるのか?
と、こうやってプレイヤー自身がゲーム中で得た知識を元に
どんどんプレイングを洗練させていく訳ですね。

グレイブキーパー (5)
前述の通り敵の行動はパターン化されていますが
代わりにダンジョン探索に関してはランダム性が高くなっており、
ランダム生成のダンジョン内にはこれまたランダムに採取スポットが配置され
出現する敵もダンジョン毎に決められた種類の敵が全て出てくる、
という事はありません。欲しい素材を落とす敵が全く出てこないという事も。
代わりに強力なアイテムが入ったチェストが配置されていたり、
ヒールスポットがあったり、画像の様に他の冒険者と遭遇したり。
こういったランダム要素の中で臨機応変に立ち回りを変えていき、
来るべきボス戦に備えて準備していく事が大切ですね。

これまでの説明だとガッチガチなゲームに聞こえてしまいますが
特に時間や回数制限がある訳ではなく、自分のペースでゆっくり遊べます
チェスト産や物々交換限定アイテムもあるので、アイテム図鑑100%や
最強アイテムを集めまくってボスを圧殺する、というのも良いでしょう。
アイテムにも面白い効果の物が沢山あって、例えば
「必ず後攻になるが大ダメージの物理攻撃」
「敵の属性耐性を4ターン下げる(被ダメ2倍)」
「敵を必ず即死させるが自分も毒状態になる」等々。
単純にこういったアイテムを集めていく楽しみもあります。
ダンジョン自体もそこまで大規模ではなく、ボスも数体なので
良い意味でサクッと遊べるコンパクトなゲームだと思います。
ただそれはそれとして、エンディング後のリザルト画面には
クリアまでにかかった日数(ダンジョンから帰還すると一日経過)
が表示されるので、最短日数を目指すプレイングも非常に楽しいです。
ボス戦での必要アイテムから集めるべき素材数を算出して、
それを元にダンジョン内で動いていく...2周目以降も遊ぶのであれば、
そういったプレイをしていくのがオススメです。

総括としては、ゲームが進むにつれプレイヤーに蓄積されていく
知識を元に戦闘パターンを組んで、それが見事にハマった時の快感
そしてそれを実現する為の探索でのリソース管理の楽しさ、
単純なアイテム収集の楽しさ、それらが2時間というプレイ時間で
非常に濃い体験として味わえる
良作だと思います。
リソース管理系のRPGが好きな人は是非プレイしてみてください。

作葬グレイブキーパー公式サイト

※以下はボス戦でのほぼ最適な(?)行動パターン、
及びそれに必要なアイテム等を書き出したチャートもどきになります。
「作葬グレイブキーパー 早解き」
「作葬グレイブキーパー 最短日数」
等で検索しても出てこないので自分で作りました(半ギレ)
勿論個人の考えでありこれが最適解ではありませんが、
もしこれから最短日数攻略に挑戦するような方がいらっしゃるようなら、
その一助にでもなれば幸いと思い、ここに掲載しておきます。
(鬼リセット等は無しで5日までは縮める事が出来ました)

Dcm4kgRVQAAlx3Q.jpg

@エリア1ボス撃破までに用意する物@
電撃粉×3
>光る粉>孤独の徘徊者、ムシバミ
瘴気爆弾×1
>瘴気毒>ムシバミ
毛皮のマント(最大HP+20)
>魔獣の豪皮>豪皮のブルート
ワークナイフ×1
>初期から所持
火炎瓶×0~1
>火種>焼け散る翼(エリア2ボス用)
 
ボス戦>ワークナイフ>瘴気爆弾>電撃粉×3

備考>HPに余裕を持ってチェストを開け、氷以外のD40魔法が出たらブルートを殴るのが固い
火炎瓶はエリア2での狩り用に多めに集めておく
瘴気毒は最後まで使うので日数を縮めるなら4つは集めておく
ローグゴブリンを狩るか採集でクズ鉄を1つ集めておく

@エリア2ボス撃破までに用意する物@
毛皮のマント(最大HP+20)
>引き続き装備
耐物プロテクター×2
>硬化液>シェルイーター
瘴気爆弾×2
>瘴気毒>ムシバミ(エリア1で収集)
フレアの杖×1~5
>炎熱水晶>陽炎の召喚術師
他D40魔法アイテム×1~4
火炎瓶×0~1
>火種>焼け散る翼(エリア1で収集)
メディックポットL×1
 
 ボス戦>耐物プロテクター>瘴気爆弾>D40魔法×2>耐物プロテクター>瘴気爆弾>D40魔法
 >メディックポットL>フレアの杖>火炎瓶orD40アイテム

備考>硬化液は最低3つは集めておく
ボス戦で白銀の魔導書はエリア3での狩り用に温存、フレアの杖は使い切ってしまっても構わない

@エリア3ボス撃破までに用意する物@
虚影のマント
>混沌の欠片>混沌の幼子
毒ナイフ×1
>致死毒>病毒の輩
>クズ鉄(エリア1で収集)
三冥廻り×4
>ルシフ鋼>ディアボルス
瘴気爆弾×1
>瘴気毒>ムシバミ(エリア1で収集)
虚化爆弾×1
>混沌の欠片>混沌の幼子
耐物プロテクター×1
>硬化液>シェルイーター(エリア2で収集)
メディックポットL×1
D60魔法×1~2
D40魔法×1~2

 ボス戦>虚化爆弾>三冥廻り×4>耐物プロテクター>毒ナイフ>メディックポットL>瘴気爆弾>D60魔法>防御>D40魔法

備考>溜め込んだ白銀の魔導書で戦慄の徘徊者からサンダーコアを集め帰還
からのジャンゴの裁きでディアボルスからルシフ鋼を集めていく
混沌の幼子は出現率が(体感)低めなので遭遇したら優先して狩ること
チェスト産の高D物理アイテムは幼子用に確保しておくと楽

@ラスボス撃破までに用意する物@
虚影のマント
>引き続き装備
秘薬×0~
耐物プロテクター0~
>硬化液>シェルイーター(エリア2で収集)
メディックポットL×3~
耐魔トーチ×1
アンチマナ>耐え忍ぶ鎧(エリア2で収集)
各種攻撃アイテム

備考>秘薬か耐物プロテクターどちらかを用意しておく
理想は三冥廻りやD80以上の攻撃アイテム、無ければD50までなら混じっても許容範囲
第2形態は兎に角防御と回復、ゲストが生きていれば死んでも生き返らせてくれる(一回きり?)
崩壊を始めたら全体にD100の魔法攻撃を連発してくるので耐魔トーチを張って防御と回復
スポンサーサイト

「ブレイブダンジョン」プレイ雑感

3DSのダウンロード専用ソフト「ブレイブダンジョン」、
ストーリーをクリアしたので雑感を書いていきたいと思います。
プレイ時間は少し飛ばし気味で約8時間程度なんですが、
本作のお値段が500円という事を踏まえると充分過ぎるコスパですね。

ゲームの流れはダンジョンで敵と戦いLvと素材とシェガー(経験値兼お金)
を稼いで帰還、拠点でステ振りやクラスチェンジ、
装備の生産をして戦力を整えてまたダンジョンへ・・・の繰り返しです。
なんか前の記事でも書いた気がするぞ。

本作はダンジョン内でのテンポが非常に良く、高速移動も完備。
シンボルエンカウント方式で特定のアイテムを所持していれば
いつでもノーリスクで拠点に帰る事が出来ます。
そもそも全滅しても特にデメリットが無いんですけどね。

一応3段階ある内の最高難易度でプレイしていたんですが、
初見の敵シンボルを全部狩ってマップも埋めて、
装備をある程度整えておけば程よく歯応えのある難易度だと思います。
後半は一部装備の強さに気付けばこちら側が低燃費且つ高火力、
しかも回復アイテムを潤沢に用意出来るのでかなり安定するでしょう。
バトルはサイドビューで、敵味方共にドット絵でよく動きます。
キャラクターのイラストも可愛いです。大事ですね。

ストーリークリア後は強くてニューゲームや裏ダンジョン、
隠しキャラ等の豊富なやり込み要素が解放されるので、
実際は10時間以上は余裕で遊べそうですね。
総評としては500円というお値段以上のクオリティで
ケチのつけようが無い手軽にプレイ出来る良作RPG
です。
全体的に難易度は低めでストレス無くプレイ出来るので、
他のゲームの合間に息抜きでプレイする、なんてのも良いんじゃないかと思います。
WEB体験版もありますぜ!

63616bd1b5f76c2015aefed071578bdce84f7fdd69da44cf915c447c6d6cd0fb.jpg
ブレイブダンジョン公式サイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。