FC2ブログ

「ゼノブレイド2」プレイ雑感

昨年からちまちまプレイしていたゼノブレイド2をクリアしました!
プレイ時間は約100時間ほど、寄り道ややり込み要素は出来る範囲でさらっと触る程度でした。

で、まず最初にこのゲーム、どう評価して良いのか凄く悩むんですよね。
100点満点だと70点くらいだし、加点方式だと5000000点くらいになるので...。
良い所はとことん良いんですが、粗も無視出来ない程度に存在するので、そこがどの程度許容出来るかで人によって評価が分かれるんじゃないでしょうか。

これを踏まえて以下の評価点・不満点をご覧ください。

【評価点】
D5UPC-KUcAAQckX.jpg
恐らくゼノブレイド2を始めたプレイヤーの99割がSS撮影したであろうシーン。

今作はドライバーと呼ばれる主人公たち人間がブレイドと呼ばれる生物を使役して戦うRPGなんですが、画像の主人公のパートナーブレイド「ホムラ」に限らずキャラクターの3Dモデルの出来がめちゃめちゃ良いです。
ブレイドは最初から主人公たちが同調しているパートナーとは別に、ゲーム内で入手出来るコアクリスタルからランダムで同調出来るブレイド達が存在します。
その数は膨大で、複数のイラストレーターさんが手がけたデザインもそれぞれ上手く3Dに落としこんであり、ぐりぐり動きます。
先述の通りパートナーや特定イベント以外で入手できるブレイドはランダムなので、人によってパーティ編成に違いが出てくるのが面白いところだと思います。
ブレイドを集める楽しさと合わせて、良い意味でソーシャルゲームみを感じる要素ですね!

ブレイドの収集は、そのまま戦闘での楽しさに直結していきます。
今作の戦闘は基本オートアタックでゲージを溜め、ゲージが溜まったらスキルで攻撃、スキルで溜めたゲージでブレイド固有の必殺技を発動させていく...という流れです。
味方はドライバーが3人、それぞれに3体ずつブレイドを装備出来ます。
戦闘では合計9体のブレイドを切り替えながら戦うわけですね(操作するドライバーは1人で残りはオートなので、実質プレイヤーが切り替えるのは3体ですが)。
ブレイドにはそれぞれ属性が存在し、特定の属性順で必殺技を繋げていく(ブレイドコンボ)と敵に爆弾が付着し、特定の攻撃でそれを破壊していくことで一方的に連続攻撃(チェインアタック)することが可能になります。
このチェインアタックこそが強敵への最大のダメージ源なので、如何に沢山ブレイドコンボで爆弾を付着させるか、それを考えながらブレイドを編成していくのが非常に楽しいです。
見た目の好みで組んでその中からコンボを模索しても良し、ブレイド毎の性能やコンボを吟味して最大火力を叩き込むも良し。
当然ながら所持しているブレイドが多いほど選択肢は広がるので、ブレイドを集めれば集めるほど戦闘が楽しくなっていくというわけです。
ちょっと複雑な戦闘システムなのでここまで読んで尻込みする人が居るかもしれないですが、逆にパーティ編成の時点で戦闘での動き方は何通りかに決まっているようなものなので、戦闘中はそこまで忙しい動きは無いと思います。

今作は「雲海」と呼ばれる文字通り雲の海が立ち込め、人々は雲海で生きる超巨大生物「アルス」の上に国を築いて生活している...という設定です。
アルス毎にそれぞれ緑が豊かだったり体内に広大な洞窟が広がっていたりと、ロケーションが非常に豊富かつ素晴らしい。
フィールドには様々なモンスターが跋扈しているので、新しい景色と新しいモンスターを求めて広大なフィールドを駆け回るのはそれだけで楽しいです。

主人公レックスは、雲海から様々な物資を引き上げて生計を立てる「サルベージャー」の少年。
ある日謎の人物の依頼で雲海深くにある沈没船を探索することになったレックスは、そこで"天の聖杯"と呼ばれる伝説のブレイド「ホムラ」と出会う...というのが今作の大まかなあらすじ。
レックスが旅の中で様々な人と出会い、敵と戦い成長していくある種王道のストーリーですが、その中でも仲間や敵キャラクターがしっかりと魅力的に描かれています。
前述の3Dモデルと良質なBGMが相まって、イベントシーンは本当に盛り上がりました。

【不満点】
兎に角今作の不満点はUI周りに集中しています。
ざっと箇条書きにすると、
・チュートリアル(戦闘部分)の出来が良くない
・アクティブクエストが複数設定出来ない
・ミニマップが不便
・キズナリンクの条件確認が手間
・フィールドスキルが探索のテンポを阻害している

まずチュートリアルなんですが、元々ゲーム内でロクな説明が無かったところにアプデで後から追加された関係で詰め込み過ぎ感が否めないです。
特に戦闘システムはこのゲームの要かつそれなりに複雑なので、結局よく分からず攻略サイトで確認した...という人が多数。僕もそうです。
次にアクティブクエストが複数設定出来ない点。
現在受注しているクエストはアクティブにしている一つまでしか画面に表示されず、それ以外はメニューを開いてクエスト一覧で逐一確認する必要があります。
一応ある程度の方向と距離は表示されるんですが、後述するミニマップの問題もあってかなり不便に感じます。
次にミニマップが不便な点。
今作は広大なフィールドの探索もウリの一つですが、広大かつ高低差もそれなりにあるフィールドにミニマップが全くついていけてない。
それどころか街中でも店の場所すら表示されず、久し振りに訪れた街で目的の店を探してウロウロ...ということもよくある話。
拡大したら拡大したでズームしすぎて全体が表示されず、結局ファストトラベル画面を開いて確認する羽目になります。
次にキズナリンクの条件確認について。
「キズナリンク」とは、各ブレイド毎に設定されているミニクエストのようなもので、「〇〇を3体倒そう」「××の人と話をしよう」「戦闘で△△を3回使用しよう」といったお題を達成していくことで、ブレイドのスキルを強化することが出来ます。
問題はその条件が"キズナリンクの画面からしか確認出来ない"ということで、例えば「グーラで〇〇を3体倒そう」というお題があったとして、実際グーラで〇〇と遭遇したところで特にマークが付いたり、アナウンスが表示されることはありません。
つまりプレイヤーはキズナリンクの画面でブレイド毎のキズナリンクの解放条件を全て把握しておいて、該当するエリアや敵と遭遇した時に適切に実行していかないといけない...というのは当然ながら到底不可能な話なので、実際は後から条件を確認→該当エリアにファストトラベルしお題を実行という流れになると思います。
それをスタメンのブレイド9体、もしくは他にも使用したいブレイドが居ればそれ以上こなさないといけないわけです。
因みにモンスター討伐や採集のお題があるにも関わらず、所謂"図鑑"的なアイテムは存在しません。
バッサリ言ってしまえば相当テンポが悪く、先述したミニマップの不便さとも相まって非常に辛い。
画面に常に表示しておくのは難しいにしても、せめてワンボタンでキズナリンク画面に飛べるショートカットがあるだけでもかなり違ったと思うんですけどね...。
お陰で僕はキズナリンクを大して解放しないままクリアしてしまいましたし、解放によって発生するブレイド毎の固有エピソード(ボイスも有り、非常に凝っている)もあまり見られていません。

最期にフィールドスキルについて。
フィールドスキルはブレイド毎に設定されていて、それによって行動可能範囲が増える...という、所謂ポケモンでいう秘伝わざ。
このフィールドスキルは現在装備しているブレイドのスキルLvの合計値が適応されるため、例えば「向こう岸へジャンプできる気流の裂け目(『跳躍』Lv5が必要)」なら、わざわざ跳躍Lvの合計が5以上になるようにブレイドを付け替えないといけないということ。
因みにフィールドスキル自体のLvは先述のキズナリンクの解放で上がっていきます。

僕はRPGのオタクなので消化出来ていない要素があると非常にモヤモヤするんですが、先述の通り今作はそういった要素を消化するにはUIがあまりにも貧弱すぎる。
不満点をまとめるとこんなところですね。

【総評】
冒頭の繰り返しになりますが、モデリングや戦闘システム等、素晴らしいところはとことん素晴らしいが、UI部分に粗が非常に多いです。
僕は最終的にやり込み要素はある程度無視してクリアしましたが、それでも充分楽しめました。


個人的には名作かクソゲーかで分類するなら間違いなく名作どころか神ゲーに分類出来ると思うので、PVを見て興味が出てきた方は是非プレイしてみてください。
戦闘システムがほんっっっっっとに面白いので!


じゃあ僕これから黄金の国イーラやるから...

「スーパーロボット大戦T」プレイ雑感

スーパーロボット大戦T、クリアしました......

神ゲー!!!!神ゲーです!!!!!!!!!!

と呟くだけでは飽き足らないので久し振りに記事にしました。
因みにスパロボをプレイするのはPSPの第2次Z以来なので結構ご無沙汰です。
なので特にシステム周り、これ前作や前々作からあるよ!というものも取り上げると思います。ご了承ください。

・参戦作品
新規参戦作品は「楽園追放」「わが青春のアルカディア」「レイアース」「カウボーイビバップ」
だんだんとロボが出てこない作品も増えてきましたね。
そのうち「スペースコブラ」とかも参戦したりしないかなぁ。
宇宙船で体当たりして最後はサイコガンで〆!とか。駄目...?
既存組ではK以来で念願の声付き参戦の「ガン×ソード」!!!!!!!!!!
やAポータブル以来の「Gガンダム」、
シオンとサーバインがセットでの参戦はコンパクト3以来の「OVA版ダンバイン」
ゲッターロボ大決戦から「真ゲッタードラゴン」が初参戦の「真ゲッターロボ」
めぼしいところはこんな感じですね。
個人的にはガンソードとGガンの為に買ったようなもんですね...

・システム、ゲームバランス
今回のプレイではSRポイントを1マップ除いて全取得したんですが、
どの機体もアッパー気味の調整なので改造すれば必ず活躍してくれる性能かと。
また、従来のフル改造とは別に機体の全項目(武器は除く)を5段階改造した際に機体毎に「カスタムボーナス」と呼ばれる強力な特殊能力が付きます。
5段階改造はわりと少ない資金で達成できるので、「この機体使いたいから取り敢えずカスタムボーナス取るかぁ」という分かり易い指標にもなるのが有難かったです。
戦闘面では敵機の撃墜やレベルアップで獲得できる「エクストラカウント」を使って「敵撃墜時に再行動」や「熱血・魂と重複できる確定クリティカル付与」など強力な効果を得るシステムがあるんですが、
これによってSRポイント取得の各種条件達成を目指すのが凄く楽しいんですよね。
前述した通り自軍がアッパー気味の調整を受けている事もあって、一種の「緩い詰め将棋」のような楽しさがあると思います。
従来作品ではどうしてもマップ兵器や高火力武器持ちだったり、魂や再動といった特定の精神コマンドを持った機体が揃っていないとただただ厳しかったですからね。
あ、そうそう精神コマンドといえば、いつの作品からは分からないんですけど行動後どころか相手ターン中にも精神コマンドが使えるようになっててめちゃくちゃ吃驚しちゃったな...いやほんと...
あと戦闘前情報で撃墜・被撃墜判定が表示されるようになったのも。

・ストーリー、クロスオーバー
めっっっっっっっっっっっっっっちゃくちゃ良かったです..................
ルート選択の都合上UCガンダム勢とレイアース、オーラバトラー組はあまり見られてないんですが、
それでも「一年戦争・Dr.ヘルとの闘い・月面戦争を共に戦い抜いたアムロと甲児と龍馬(全員成人)」が長年の親友ムーブを見せつけてきたり、
宇宙海賊繋がりでキンケドゥとハーロック、Gガンのアルゴで親交があったり、
楽園追放のアンジェラが完全に装甲騎兵ボトムズのキャラと化していたり、
ヴァンにかつての自分を重ねるドモンと、同じ「復讐者」として共感するアキトの絡みだったり、
セフィーロとバイストン・ウェルが地続きになっていたり、
DG細胞とゾンダーメタル、インベーダーが互いに食い合ったり、
早乙女博士に東方不敗にカギ爪の男にと敵がジジイばっかりだったり...
あと個人的に滅茶苦茶ツボだったのはなろう小説の異世界転生主人公ばりに後付クロスオーバー設定が盛られまくったエルドラチーム。是非みんな自身の目で飲んだくれジジイ達の持ち上げられっぷりを確かめてみてね。

・オリジナル勢
僕は女主人公を選択したんですけど、まさかスパロボで社会人百合ハーレムが見られるとは思わなかったですね...たまげたなぁ....
男主人公君は可も無く不可も無く、添え物に相応しい丁度良い立ち位置でした。
メカも個人的には好きなんですが、周りを見ると結構賛否両論っぽい?
アムドライバーみがある、というのは大いに認めます。

・機体短評
※主にメインで使用した機体。今回余裕をもって全機フル改造出来たのでそれが前提になります。

・ティラネード
長射程と援護攻撃が光る縁の下の力持ち...かと思いきや、
主人公のエースボーナスや精神コマンドで普通に良い火力が出る。
最終的に強化パーツスロットも4つになる。つよい。
戦闘アニメを見てブランシュネージュとブラスタを思い出したのは僕だけじゃないと思うんですよね。

・真ゲッタードラゴン
個人的今作ぶっ壊れ機体その一。
Lサイズかつ竜馬のエースボーナスによる1.3倍補正から繰り出される攻撃は平気で5桁ダメージを叩き出す。
一番弱い武装でですよ。真シャインスパークは精神コマンド無しで20000越えです。
なお覚醒もお持ちの模様。まぁゲッターだしこれくらいが丁度良いのかもな、ガハハ!
あ。射程も地味に長いのが多いです。無敵かよ

・スターガオガイガー
こちらもLサイズかつバリア持ちで固く高火力とスーパー系のお手本のような機体。
最強武装が射程1かつ少々足が遅い、という以外欠点らしい欠点は無し。
というか今執筆のためにゲーム画面のステータス見てて気付いたんですけど、ちょっと強化パーツ付けただけで装甲が3000まで伸びてるな???要塞かな???

・アルカディア号
個人的今作ぶっ壊れ機体その二。
射程1~4のP武器(最強・準最強威力)持ち、ハーロックのエースボーナスで突撃付与時に与ダメ1.3倍&被ダメ0.7倍、パイロット3人全員超優秀な精神コマンド持ち。
過去作品の真ドラゴン(戦艦枠だった)より強いぞコイツ.........!?
ボス級の相手にも真っ先に殴りかかれるステータス。戦艦とはなんだったのか

・ダン・オブ・サーズデイ
個人的今作ぶっ壊れ機体その三。
まずは地味におかしいカスタムボーナスでの全能力強化。
加えてヴァンのオーバーフロウ、YII、エースボーナスと兎に角バフが乗りに乗りまくって早々に手が付けられなくなる。
加えて覚醒と魂持ち。あっ...ふーん(察し)(ゲームクリア)(お疲れ様でした)

・ナデシコC
ヒット&アウェイを習得させればマップ兵器でテンポ良く敵を撃墜していける。
ディストーションフィールド持ちで固いので多少前に出ても問題無し。
祝福を覚えるルリには毎回ぼすらーめんと火星丼を口に押し込んでました。ごめんよ

・ガンバスター
個人的今作ぶっ壊れ機体その四。
サイズは2L、威力8000越えのスーパーイナズマキックの火力がちょっとおかしい。
サブパイロットのカズミが加速と気迫持ちなので初動も速い。1ターン目から気力130のガンバスターが突っ込んでくるの、敵からしてみたら軽くホラーなのでは...?

・ゲシュペンスト
デフォで修理機能持ち。カスタムボーナスで補給装置まで付いてくるのには流石に笑っちゃいましたね...
が、パイロットが魂持ち且つ武器の性能も良いので適宜アタッカーも兼任できる優秀なサポートユニット。
因みに今作での最強技は従来で御馴染みのあの技がまさかの昇格を果してるんですが、演出が凄く......バリってます......

・ニュー・アーハン
個人的今作ぶっ壊れ機体その五。
アンジェラが「分析がかかった相手に与ダメ1.3倍」という狂ったエースボーナスを持っており、
ニュー・アーハン自体の性能も良いためリアル系にあるまじき火力を叩き出す。
因みに最強武装の演出中にちゃんと「仁義」の顔グラもある。かわいい

・ブラックサレナ
参戦タイミングが遅いことに定評のあるブラックサレナがまさかの超序盤から参戦。
避けるわ固いわアキトがデフォで底力L9持ちだわでとにかく落ちない。
移動力もあるので敵陣に突っ込んでの削り役として重宝しました。

・ソードフィッシュⅡ
スパイクが獲得資金アップのスキルに幸運・魂・援護攻撃持ち、機体もSサイズながら武装すべてにサイズ差補正無視が付いてる金策要員にして回避アタッカー。
不屈持ちなので底力と相性が良く、軽率に敵軍に突っ込ませられる。
なお戦闘アニメ担当はあの「アリオスの人」。

・ゴッドガンダム
あまり避けないが不屈と底力持ちなので問題無し。
闘争心と気迫持ちなので大体1ターン目から水の一滴が見える。
マスターガンダムとは違い石破天驚拳がP武器なので、取り回しはこちらの方が上か。
因みに今回はゴッドシャドーが無いので関さんのシャウトが聞けないのがちょっと残念。

・ヴォルケイン改
ほどほどに固くほどほどに避けるが底力持ちにはかえって有難い。
レイのエースボーナスで1.2倍の補正がかかった射程10のタケノコエナジーキャノンがシンプルにつよい。
今回はヴァンとの合体攻撃が無いことだけが残念。

・スコープドッグTC・LRS
相変わらずキリコが強いので強い。異能生存体もエースボーナスのお陰で発動が容易になったのが嬉しい。
ただ地形適応が壊滅的なのでSアダプターは優先的に回したいですね。
気合・気迫を持っていないので初動を早めたい場合はパーツや精神コマンドでのサポートが必要。
今回のアサルト・コンバットの演出は今までで一番むせたかも。

・マスターガンダム
今回も超強くて超カッコいい東方不敗・マスター・アジアとマスターガンダム。
今回はララァを犠牲にギアナ高地に行かなくても仲間になってくれたので良かったです(小並感
ところで今回のスパロボ名物・東方不敗の生きていた理由は「死後感染したDG細胞によって蘇生された後、精神力でDG細胞を抑え込んだから」でした。
やっぱ化け物ですわこのジジイ

・サーバイン
射程が!!!!短い!!!!!
以外を除けば聖戦士効果で1.2倍かつ魂を乗せたハイパーオーラ斬りが高い火力を叩き出してくれます。
サブパイロットのシルキーが祝福と覚醒持ちなのも便利。
不屈や鉄壁を習得しないもののオーラバリアとオフ・シュートのお陰で見た目以上に固いので、底力習得は普通にアリだと思います。

・ラー・カイラム
戦艦の中で一番パッっとしない...と思いきやブライトとメランが揃って優秀な精神コマンド持ち。
エースボーナスで毎ターン味方の気力を上昇させることが出来るので、激励と合わせて竜馬やヴァンの気力ブーストに重宝しました。
今回は核ミサイルが無いみたいで残念(Dキッズ)

・エルドラソウル
気力110から撃てるダンガンボンバディーロが強力。
射程と地形適応さえ補えば1ターン目から敵陣に突っ込んで安定した火力を出してくれます。
宇宙空間での戦闘でもしっかりガシンガシン足音立ててくれるのは流石勇者。
エルドラファイト、ゴー!ア・ミーゴ!!!!!!(相手はしぬ)

・NSX
イーグルのエースボーナスがアンジェラと同様のものなので、地味に火力が出る。
イーグルは貴重な「期待」持ちなのでサポートとしても重宝する万能戦艦。
ジェオが鉄壁持ちなのでボスとの殴り合いも可能。
P武器は無いもののジェオが突撃持ちなので射程8のラグナ砲と合わせてかなり取り回しが効く印象でした。

・総評
バランスヨシ!ストーリーヨシ!快適性ヨシ!戦闘アニメヨシ!
うーんこれはもう何も文句無いですね...先述した通りとにかく気持ち良くプレイさせてくれるゲームバランスなので、「好きな作品が参戦してるけどスパロボってちょっとなぁ~~~」という人もこの機会に軽率に買って遊んでみては?
PS4・スイッチ両方で発売されてますぜ!

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top