スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「Shantae and the Pirate's Curse」プレイ雑感

以前も呟きましたが、とうとうニンテンドー2DSを買ってしまいました・・・keamaですヽ(´ー`)ノ
このニンテンドー2DSは2015年1月現在日本版が発売されておらず
必然的に北米版を購入する事になったのですが、北米版はリージョンロックの関係で
日本版の3DSソフトが遊べないんですよね(日本版のDSソフトは遊べます)。
じゃあDSソフトをゴロゴロやる為だけに買ったのかと言われると・・・半分正解ですけどねw
残り半分の目的は、ズバリ北米向けのニンテンドーeショップ!!
ここには日本では未配信のバーチャルコンソールやDLソフトがゴロゴロしていて、
以前記事で紹介した「SteamWorld Dig」や「Mighty Switch Force」も元々はこちら(北米)
でwayfowardがリリースし、インターグローが日本向けにローカライズした物になります。
今回の「Shantae and the Pirate's Curse」も上記2作品と同じくwayfoward制作。
なんと制作にはインティ・クリエイツ(ロックマンゼロ等で有名)も関わっているのだとか。
2643590-untitled.jpg
このシリーズは2002年に海外で発売されたGBC「Shantae」が1作目(現在プレミアソフト)
DSiウェアやiOS、Android、steamで配信中の「Shantae Risky's Revenge 」が2作目で、
3作目となるのがこの「Shantae and the Pirate's Curse」。配信機種は3DSとwiiU。
主人公「Shantae(シャンティ)」(画像中央)を操作する探索型のアクションゲームです。
既存の和ゲーだとモンスターワールドⅣとGBAやDS悪魔城を足して割った感じですね。
1作目と2作目でライバルである女海賊「Risky(リスキー)」(画像左上)から街の平和を
守ったものの、自らの魔力を失ってしまったシャンティ。今回はリスキーと共同戦線を張り、
彼女の武器である様々なアイテムを駆使しながら街の平和を守る為、悪と戦う・・・
そんな感じのストーリーです。リスキーはマリオでいうクッパみたいなもんですかね。
海の向こうのゲームなのにどう見ても日本人の萌え需要をどストライクで射抜いてくる
キャラクターの可愛さも相まって、日本国内でもカルト的な人気があるんだとか。
PVはこちら。

観終わった前提で。正直英語はサッパリなんでストーリーはあんま分からなかったですが、
普通に隠し要素含めて100%クリア出来たのでプレイ自体に支障は無い筈。

以下評価点

・ドット絵
マイティスイッチフォースでもそうでしたが、やはりwayfowardのドット絵は良いですね。
街の住民や敵キャラは勿論ですが、なんといっても主人公であるシャンティの
一挙一動が細かく描かれたドットモーションは必見かと。特にとあるアイテムを掲げる
モーションは無駄に2種類存在し、その内の一つはかなり扇情的。流石WF、分かってる
正直メタルスラッグとか、あの辺りとも張り合えるレベルじゃないかと思います。

・探索欲を掻きたてるステージ構成
拠点となる街からステージを選択して攻略していくタイプのこのゲーム、
各ステージ毎に手に入るアイテムで「行けるところ」「出来ること」が増えます。
まぁメトロヴァニア系アクションのお約束みたいなもんなんですが、
4つ集めるとライフが一つ増えるゼルダでいう「ハートのかけら」のようなアイテムや、
真エンディングに関わる(?)収集アイテムがステージ内に隠されていて、
「以前クリアしたステージだけど新しいアイテムも手に入ったしもっかい行ってみるか」
そんな感じで行くと大体何かしら新しい発見がある、非常に秀逸な構成じゃないかと。
なんというか、プレイヤーに
「お、ここ怪しいけど今持ってるアイテムじゃ何も出来ないし後で来てみるか」
「この新アイテムあそこで使えるんじゃね?よっしゃ行ってみよー!」

って思わせるのが凄く上手いんですよね( ´∀`)
因みに上記のハートのカケラ等の各種アイテムの総数、取得数はステージ選択の際に
確認することが出来ます。画面下にミニマップもあるので迷う心配もありません。

・アクションの爽快さ
ミリアやディクシーコング宜しくポニーテールを武器にした通常攻撃を始め、
バックダッシュ、遠距離攻撃、滑空、急降下攻撃、突進攻撃、多段ジャンプetc...
やってて凄く気持ち良いです、ハイ(o・∀・)゚+.゚
各種動作は程良くキャンセルも効くのでかなり直感的に動かせるんじゃないかと。
雑魚敵やボスも理不尽な攻撃がなく、非常にテンポ良く戦うことが出来ます。

・BGM
全体的にノリがよく明るい物が多めですが、個人的に一番好きなのがゲーム開始時の
ファイルセレクト画面。ただ、人によっては単曲で印象に残る物は少ないかも。

以下不満(?)点

・難易度
ライフがゼロになると自動で復活出来るアイテムが店売りで簡単に買えてしまいます
しかも所持数の上限は他のアイテムと同じく9個まで。一応それなりの値段はする
んですが、今作はとあるステージで結構楽に金策が出来てしまうため、
このアイテムを買いこんでおくと途端にヌルゲーに・・・(;^ω^)
まぁ自重すれば良いんですけどね。アクション苦手な人への救済策にもなるし。

・総評
総プレイ時間は約12時間。そこまで長くはないですが、自分にとっては非常に
濃密な時間でした。北米版の3DSや2DSをわざわざ買ってまでプレイする程か?
と言われれば個人の好みと答えるしかないですが、良作である事には変わりないですし。
Shantaeシリーズもインターグローが3DS向けにローカライズを進めているらしいので、
日本語版が配信された暁には是非沢山の人に遊んで貰いたいソフトですね。
まぁそのインターグローがモタモタしてるから2DS買っちゃったんだけどね
因みに4作目は既に制作中とのこと。いやー楽しみだなぁ(o・∀・)゚+.゚ワクテカ

【追記(2015/9/23)】

どうも4月からsteamで買えるようになってたらしいです。
更に11月にはインターグローがローカライズしたパッケージ版が発売されます。
これを機会に沢山の人にプレイして貰いたいですなぁ。
スポンサーサイト

「オアシスロード」プレイ雑感

いやー2015年ですね。明けましておめでとうございます( ´ⅴ`) ノ
去年は大して更新もせずにモンハンやったり艦これやったりしてましたが、
今年も大して更新もせずにモンハンやったり艦これやったりする予感!(マテ
と、冗談はさておき今年も不定期で色々と書いていくと思うので、いつもこんな
辺鄙なトコに来てくださってる物好きな方々、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
大体一ヵ月おきくらいに覗けば充分な気がするけどね
合わせて去年から始めた「モンスタハンター4G」と「大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS」
でご一緒してくださる方々、下手の横好きですが今年も気が向いたら遊んでやってください。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。