スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「ルドラの秘宝」プレイ雑感

rudora.jpg
前々からツイッターでも呟いてましたが、今日やっとこ最後のシナリオをクリアしました。
やはりSFC末期のスクウェア製RPGなだけあって、全体的に気合い入りまくってましたね。
据え置きRPGダルい勢の自分でもハマりまくって無事クリア出来ちゃうくらいですし。
思わず保存用にもう一個買っちゃったよ(ノ∀`)

そんな訳で大雑把なゲーム概要。
4000年毎に種族の滅亡と繁栄を繰り返す世界。
類い稀なる知恵を持つ「ダナン神族」、海を自在に渡る「水棲族」、
武士道を尊ぶ「爬虫類族」、強靭な肉体を持つ「巨人族」、
そして物質文明を極限まで発展させた「人間族」。人間族の繁栄からもうすぐ4000年、
滅亡の時が静かに近づいていた・・・
という感じのストーリーです。
初期の主人公は剣士「シオン」、言霊師「サーレント」、僧侶「リザ」の3人で、
どの主人公からプレイしてもOK。更に途中で他の主人公のシナリオをプレイする事も可能。
そして「言霊」。入力した6文字の言葉がそのまま魔法になる、というシステムですね。
人によっては面倒臭そうに聞こえますが、基本的な言霊として最初から憶えていたり、
ゲーム内で習得する等「必ず自分で呪文を考えないといけない」という訳ではないです。

以下評価点

・シナリオ
同じ世界、同じ時系列で冒険している主人公達ですが、
当然冒険中も他の主人公達がちょこちょこと登場します。
例えば「シオン」のシナリオでは「リザ」から重要なアイテムを貰ったり、
「シオン」or「サーレント」での選択肢によってはお互い敵として戦う事になったり。
1人目のシナリオプレイ中は(コイツらはここで何してるんだろう?)程度なんですが、
2人目以降は(そういう事か!!)の連発になるくらい細かい伏線が張られてたりします。
だからといって一つのシナリオ単体だと分かり難いか、といえばそうでもないんですよね。
そして3つシナリオをクリアすると出現する4人目のシナリオで集結する主人公ズ。
これがベタだけどめっちゃ熱いんですよ!!構成と演出の賜物だと思ってます。

・言霊
上記の通り、ゲーム開始時から習得している言霊をちょっと弄れば範囲化や火力UP等
自由にカスタマイズ出来てかなり楽しいです。更に敵が使用した言霊もそのままパクって
使用出来る為、ボス戦のみならず雑魚戦でも(どんな言霊を使ってくるんだろう)という
wktk感からのパクった言霊が強かった時の快感、これがモチベをかなり上げてくれます。
更にドラクエやFFの呪文を入力すると、ちゃーんとそれっぽい効果になるという。
ケアルならHP回復、バイキルトなら物理攻撃UP、マホトラならMP吸収、といった感じです。
それでいて効果と必要MPがしっかり比例してるので、いきなり強い言霊を入力しても
そこまでバランスブレイカーにならないんですよね。(バランスブレイカー級の言霊は
あるにはありますが、普通にプレイしてる分にはまず分からないので大丈夫かと)

・ドット絵
SFC末期のスクウェア製・・・はい、ドットがヤバいです。細かいだけじゃなく、
敵も味方も待機、やられ、武器種毎の攻撃等ほぼ全てがアニメーションします。
更にボスは馬鹿でかいグラフィックが多関節構造でこれまたヌルヌル動くという。
※参考gif
rudoragif.gif
因みにこれでもまだ序の口です、いやホント。リザの勝利モーションとか超オススメ

・BGM
これも流石スクウェア製というべきか。ほぼ全てのBGMが印象に残ってます。
特にボス戦は各主人公のテーマのアレンジになっており、盛り上がりは格別。
プレミアと化したサントラの再販はまーだ時間かかりそうですかね・・・?

・言霊伝導師のおねぇさん
「じゃ、じゃーん、言霊伝導師のおねぇさんだよぉー」(ヒューヒュー)←かわいい
各地の酒場で主人公に言霊を教えてくれるおねぇさん。知的な男性が好みらしく、
ガサツなシオンや女性であるリザと比べてサーレントへの態度が明らかに違う。
新しい町へ行く度に酒場でおねぇさんを探して言霊を教えて貰うのが楽しみです。
サーレントでそっけない態度取った時の反応が可愛過ぎてゾクゾクしますね

・OP
タイトル画面からしばらくするとOPへ移行し、ゲーム画面が連続で表示されてくんですが、
これが単にプレイ画面ではなく、主人公達が旅立つ以前のシーンになってるんですよね。
BGMと相まって、シナリオをクリアしていく度(あぁ、あのシーンか!!)と盛り上がれます。

以下不満(?)点

・キャラクターデザイン
ゲーム中だとデフォルメされてていい感じなんですが、パッケージや説明書には
滅茶苦茶濃い本来のデザインが載ってます。自分は好きなんですが、
そういうのが苦手な人はちょっとキツかもなぁ、と(;´∀`)

・4人目のシナリオについて
4人目の主人公のシナリオは実質終章のみで、全員集合するまでに彼が何を
していたかは各主人公で彼と遭遇するイベント等から推測するしかないです。
非常に良いキャラなだけに、「もっとコイツのストーリーを見たい!」という人は
多かったんじゃないでしょうか。不満点というより要望みたいな感じですね。

・総評
主人公が複数存在、魔法の自作等人によって敬遠されそうな要素はありますが、
上記が不安でもそれを帳消しにするほどのシナリオ展開とぬるぬる動くドット、
主人公毎に熱いBGMは必見。名作を呼ぶに相応しいんじゃないかと(o・∀・)゚+.゚
中古ROMはそこそこお高いですが、それだけの価値は十分あると思ってます。
wiiUのバーチャルコンソールでも配信されてますし、是非プレイして貰いたいです。
余談ですが、本作発売がSFC末期だったということもあり、
当時は宣伝にそこまで力を入れてなかったらしくCMすら存在しないんですよね。
いやどう考えてもおかしいだろjkヽ(`Д´)ノ
まー、今になってからこそ言える事なんですけどねw
スポンサーサイト

久々に見た目を切り捨てる

これが何気に初のMH4Gネタ・・・keamaです( ^ω:;.:...
うーむ、発売からこんだけ経ってやっと記事一つて。一応元モンハンブログやぞ
いやね、MH4G自体は今でもちょくちょく遊んでるんですよ。
特に週末になるとMHP2ndGの頃からお付き合いしてるフレさん二人と一緒に
キリン睡眠爆破したりエピソードクエスト進めたりギルクエ行ったりと、
非常に楽しくプレイしてます。ただ、やはりソロになると4Gの数々の糞要素がキツい。
最近ではナズチが糞過ぎて3DSブン投げそうになりました(#^ω^)ピキピキ
MHXでは「水中・狂竜化・ギルクエ・極限化は無い」と公式で明言されましたが、
それだけで終わりにせず是非各モンスターのモーションも見直して欲しいですね。

2015071700120000.jpg
2015071700140000.jpg
最近お気に入りの装備はコレ。「忘却のオストラコン」専用に組んだ装備で、
スキルは「集中」「抜刀術【技】」「状態異常攻撃+2」「会心撃【特殊】」が発動しています。
これは完全にオストラコンで眠らせる気マンマンのスキル構成ですね・・・たまげたなぁ。
そもそもオストラコンの睡眠値は素で180しかないですからね(笑)
スキル乗せても220止まりだし、我ながら中々の地雷装備ではないかと(ノ∀`)
見た目に関しては安直にミヅハ3つも使って固めた割にはかなり気に入ってます。

とはいえ、流石に極限強化や天鎧玉目当てでギルクエや極限化モンスへ挑む時は
悠長にオストラコン担いでられないんですよね(´・ω・`)
特に極限化や強個体の大型モンスなんかは睡眠が入らないですし。
そんな訳で、遂に作りたくなかったけど作ってしまいましたよ、アーティ専用装備・・・。

2015071700170000.jpg
2015071700180000.jpg
ハイ、見た目思いっきり切り捨てました( ^ω:;.:...

まぁ、アーティは別に好きでも嫌いでもないし、そもそも上記の通り
アーティ担く事自体一度失敗したギルクエのリベンジor極限化モンス狩る時くらいですし。
出来る事なら永遠にBOXから引っ張り出したくない・・・そんな装備ですね(´・ω・`)

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。