スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「デビルサマナー ソウルハッカーズ」プレイ雑感

よくよく考えてみたら今年の7月からの流れがおかしいんですよね(´・ω・`)
7月→世界樹の迷宮Ⅳ
8月→デビルサマナー ソウルハッカーズ
9月→イース セルセタの樹海
10月→円卓の生徒 The Eternal Legend 、PROJECT X ZONE

何このラインナップ
本格的にオイラを殺しにかかってるんじゃなかろーか(´;ω;`)ブワッ

等と言いつつ、つい先程ソウルハッカーズを無事クリアしました(o・∀・)゚+.゚
そんな訳で久し振りに雑感諸々を書き殴っていこうかなーと。
まぁ前半は殆どシリーズ未経験者向けのライトな紹介になりそうですけど。
デビルサマナー ソウルハッカーズデビルサマナー ソウルハッカーズ
(2012/08/30)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る
舞台は最先端のネットワークをふんだんに取り入れたモデル都市である「天海市」。
ハッカーグループ「スプーキーズ」のメンバーである主人公と幼馴染のヒトミ。
スプーキーズのリーダーが偶然手に入れた銃型コンピュータ「GUMP」から飛び出してきた
「ネミッサ」と名乗る奔放な女悪魔。ヒトミは彼女に取り憑かれ、渋々身体を共有する事に。
GUMPの出所を調査する為に一行が潜入した天海市有数の大企業「アルゴンソフト」の
ビル内には、異形の者「悪魔」が蠢いていた・・・てな感じのあらすじです。多分。
hitomi.jpgnemissa.jpg
※ヒトミ(左)ネミッサ(右)

まずジャンル、これはwizardry等が代表的な所謂3DダンジョンRPG。
このゲームの場合、見下ろし型の2Dマップで準備諸々を整え、
敵の潜む3Dダンジョンを進んでいく、というパターンになります。
戦闘はオーソドックスなターン制で、素早さが高い順に行動するのもこれまたお馴染み。
真・女神転生や世界樹の迷宮でお馴染みのアトラスの作品だけあって、
戦闘バランスは歯応え抜群。勿論即死攻撃もあるよ!やったNE!
2_20120426134903.jpg
画像の通り、剣や銃の扱いに長けた主人公と魔法を習得するネミッサに加え、
悪魔会話で仲魔にした悪魔4体の最大6人でパーティを組むことになります。
悪魔会話とは戦闘中「TALK」のコマンドで敵の悪魔達に話しかけて仲魔にする、
という女神転生シリーズお馴染みのシステム。これが戦力増強の基本になります。
l_4fe16cc19457e.jpg
c20120806_DSSH_06_cs1w1_400x240.jpg
悪魔の質問に答えたり、プレゼントをあげたり、時には脅してみたり。
悪魔達の口調も本当に特徴的で、画像の様なカタコトやギャル風はまだ序の口、
ボケ老人やヤンキー、関西弁や幼女、果ては気が狂ったような奴まで・・・
画像のオルトロスやヴィヴィアンなんかはまだ分かるんですが、
一般で言う「魔王」や「大天使」なんて物凄い奴等も洩れなくこんな感じというw
またそのギャップが毎回楽しくて、全くもって飽きが来ない。
シリーズを通して大きな魅力の一つとなっているシステムじゃなかろーかな、と。
さて、会話で仲魔にした悪魔は様々な魔法や特技を持っている訳ですが、
その悪魔同士を合体させて新たな悪魔を生み出すのが「悪魔合体」というシステム。
gatai.jpg
生み出された悪魔は素になった悪魔の魔法を継承するので、
自分だけのお気に入りの仲魔を作り出す事も可能。思い入れも一入ですな。
また、無銘の剣に悪魔の力を憑依させる「剣合体」なんてのもあります。
c20120806_DSSH_62_cs1w1_400x240.jpg
こちらもベースとなる悪魔によって能力が変わってきます。
組み合わせによっては伝説や神話に出てきたあんな武器やこんな武器も作れちゃったり。

さて、オイラは昔PS版を途中までプレイしてあまりのモッサリ感に挫折した組ですが
3DS版、ほぼ全ての動作が驚くほどサクサクしてて超快適。
GAMEOVER後にちょっと台詞が入りますがそれも許容範囲内。
もうロード?何それ?てくらいに皆無だった気がします。
ボイスもONかOFFか選べるんですが、個人的には異和感無かったのでONにしてました。
CGは昔のをそのまま使ってるっぽいんですが、だがそこがいい。えらく個人的な意見ですが。
ストーリーもなんというか、今のネット社会の闇を見越したような部分を始めとして、
相変わらず深く考えさせられますな。特に終盤で門倉がネットについて語るシーンが凄く好き。
それと個人的に特にプッシュしたいのがBGM。クリアしてからこの記事書いてる間も
ずっとサントラ聴いてるんですが、サイバー且つ怪しい世界観によく合ってもう最高。
一番驚いた事は、100曲以上あるサントラ聴いてて大半の曲が
「あ、これはあの時の曲か」って感じで、スッと思いだせるんですよね。
こういうゲームは最近でもなかなか無いんじゃなかろーかな・・・と。
そして個人的には割とどうでも良かった難易度ハックetc...。
平たく言えばプレイ中いつでも難易度上げ下げ出来ますよ、マップも全部解放出来ますよ、
っていうシステムです。シリーズ初心者への救済措置にしても結構大胆な気が・・・。
まぁ難易度は下げるだけじゃなく上げることも出来るみたいですし、
シリーズ経験者への配慮とも取れない事もないですね。もしくはマゾゲーマー向け。
まぁ上記も含めて初心者にもシリーズ経験者にも非常に優しい作りになった、
と言えそうな今回の3DSでのリメイク。真・女神転生Ⅲ、ソウルハッカーズの双璧と
評される程の人気作である事は間違いないので、公式サイトや動画を覗いてみて
雰囲気やシステムに少しでもグッときたら迷わずプレイしてみて欲しいです。










あ、アールマティちゃんは俺の嫁な
アールマティ
そう?
自分はサターン版を昔やりましたが、もっさりとか全然気にならなかったな
ロードが長いとか、そうゆーのには疎いので全然気付かないと言うか疑問に持った事もないですね

サターンはデータがよく飛ぶ機体だったので最後近くまで行ってたデータが
何度か飛んでクリアせず挫折しましたけどね
by: へべれけ * 2012/11/06 06:12 * URL [ 編集] | TOP↑


>>へべれけ様

初めまして。
プレステ版はサターン版と比べて追加要素があるものの
個人的にちょっと動きがもっさりに感じていたので、
3DSでの発売は自分にとっては朗報中の朗報でした。
by: keama * 2012/11/12 06:15 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。