スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「デモンゲイズ」プレイ雑感

ぐぬぬ、久し振りに広告を出してしまった・・・。
いくら忙しくてもちょっと更新する余地くらいある筈なんですけどね。
書きたい時に書くのが一番なのは分かってるんですが、広告が出てしまうと
何か無性に腹が立つ・・・!自分だけか、これは(;´∀`)

デモンゲイズ (1)
さてさて、今回はPSvitaソフト「デモンゲイズ」をクリアしたので
システム面に関する雑感と総合評価的な物を書き散らかしていきます。
基本的には「wizardry」タイプの3DダンジョンRPGです。
・・・この文読んだ瞬間何人か「戻る」ボタン押すんだろうなぁ。
とか、ふと考えてしまうくらい人を選ぶジャンルと言われてるんですが、
本作はその狭い間口を「これでもか!」というくらいに広げてあります。
先に言ってしまうとVITA持っててRPG好きな人達への導入に超最適なソフトだと思います。
勿論熟練者や自分みたく半端にやってる下手の横好き野郎も十分楽しめますよ!

2013-06-30-070939.jpg
さて、まずは何はともあれキャラメイク。ゲイザー(主人公専用職)の他、
ファイターにサムライ、ウィザードやヒーラーといったRPGお馴染みのクラスが
ずらりと並び、キャラクターの見た目や種族等を自由に決定出来ます。
このキャラメイクの瞬間がwizardry系(以下wiz系)の一番の醍醐味(o・∀・)゚+.゚
妄想力を爆発させて自分だけのパーティーが作れますぜ!

パーティーが揃ったらいざダンジョンへ。デモンゲイザーである主人公は
各ダンジョンのボスであるデモンを討伐、封印する使命を帯びています。
ここで本作の重要な存在であるデモンについて説明をば。
主人公はデモンを封印することで、自らの従者として使役出来るようになります。
具体的には封印したデモンを3体まで連れ歩け、戦闘で共に戦わせる他
デモン自身が持つスキルによる恩恵をダンジョン内や戦闘中に受ける事が出来ます。

RPGが好きな人には「召喚獣」と説明した方がてっとり早いかな?

デモンゲイズ (2)
デモンのスキルには連れ歩くだけで常に効果が表れるものと、
戦闘中に選択して発動する2種類があります。上記のユピテルを例にすると
「雷人の加護」が前者、「エレキバインド」や「クロスサンダー」が後者になります。
「RANK」はデモンのLvのようなもので、連れ歩いている状態で戦闘に勝利するだけ
経験値が貯まっていきます。召喚したりスキルを使うと一度に獲得する経験値もアップ。
デモンゲイズ (5)
ランクアップすることで最大HPの上昇、一定のランクに到達するとスキルを習得していきます。

デモンゲイズ (3)
これが戦闘画面。オーソドックスなターン制戦闘です。
主人公固有のコマンド「オープンデモン」を選ぶことによって、
デモンは戦闘に加勢してくれます。主人公の行動回数は消費しないので
戦闘の度にガンガン呼んでランクを上げまくるのが吉(`・ω・´)
デモンはそれぞれ独自のAIで行動しますが、これが割と頭が良いので
そこまでストレスは貯まりません。寧ろデモンの能力は主人公の強さや装備に影響される
ので、RPGのセオリー通り主人公を蔑ろにしなければ戦闘でかなり活躍してくれます。
が、デモンは戦闘に加わるとターン終了時やデモンスキル使用時に
デモンゲージ」を消費していきます(画像左上「44」の数字と鎖のゲージがそれです)。
もしも戦闘中にデモンゲージがゼロになってしまった場合は・・・

※ユピテルです。
デモンゲイズ (4)
主人公の制御から離れ、暴走してしまうのです!なにこれかわいいこわい。
暴走中は各種パラメータがアップしますが、敵味方関係無く攻撃してしまいます。
といってもデモンゲージはパーティーメンバーやデモンが敵にダメージを与えたり
ゲイザーの固有スキルを使う事で容易に回復することが出来ます。
それでもデモンゲージが尽きそうな時は、「クローズデモン」のコマンドで
デモンを引っ込めればOK。オープンデモンと同じで行動回数も消費しません。
因みに主人公は成長すると「デモンレイジ」というスキルを習得します。
これはオープン中のデモンを正気を保ったまま暴走させるという浪漫のあるスキル。
デモンゲージの消費も大きくなりますが、習得した暁には是非お試しあれ(o・∀・)゚+.゚

デモンゲイズ (6)
さて、戦闘をこなしつつダンジョンを探索していくと幾つも発見することになるのが
この「サークル」。要はボスデモンの縄張りの印みたいな物なんですが、
これらダンジョン内のサークルを全て制圧するのがボスデモンをいぶり出す条件になります。

デモンゲイズ (7)
消費アイテムである「ジェム」を餌に捧げてモンスターを意図的に召喚し、
それを倒す事で制圧完了。ジェムは通常ドロップや店売り等、入手方法は豊富。
ジェムには「剣のジェム」「盾のジェム」といった種類があり、最大3つまで捧げる事で
捧げたジェムに対応するアイテムが戦闘終了時に手に入ります。
そう、これが今作の主な武器や防具収集方法で、
他にも敵が強くなるがドロップ品も高ランクになるジェム、
ドロップした武具が最初から強化された状態になるジェム等、種類は様々。
一度ジェムを捧げたサークルでも本拠地に戻ってから再度訪れれば
制圧状態はそのままに何度でもジェムを捧げる事が出来ます
ゲームを進めながらアイテム収集も出来て、正に一石二鳥(*・∀・*)
更に制圧済みのサークルはセーブ&連れ歩くデモンの変更が可能な中間地点となります。
サークルを発見したらまずは制圧、中間地点を増やして探索を有利にするべし!

デモンゲイズ (8)
アイテムや魔法(無論徒歩でも可)を使って本拠地である「竜姫亭」に帰還。
まず一息つく前に待っているのは美人管理人さんによる家賃徴収!!((;゚Д゚)
そう、竜姫亭に帰還すればパーティーのHPとMPは全回復(死亡は例外)しますが、
その度にLvとパーティー人数に応じた額の家賃を支払わなければいけません。
滞納する事も可能ですが、連続して滞納無しだと管理人さんからご褒美が貰える時があるので
出来るだけ滞納せずキチンと払いたいところ。ちょっとしたデメリットもあるし。
竜姫亭には武器屋と道具屋があるので、使わないアイテムはさっさと売り払って
お金に変えてしまうのが序盤の定石。家賃滞納ダメ、ゼッタイ。

デモンゲイズ (19)
因みにデメリットというのはコレ。ダンジョンやお店で手に入る「家具
各のキャラクターの部屋に置く事でステータスにブーストがかかるのですが、
家賃滞納中はこれらの効果が発揮されなくなってしまいます。

デモンゲイズ (9)
お金に余裕が出てきたら、サークルで獲得した装備を売らずに地下で「エーテル抽出
をしてみましょう。因みに彼女は葬儀屋(死亡からの復活もココ)のプロメスちゃん。

デモンゲイズ (10)
エーテル」は、簡単に言うと武器を強化する為の素材。
モンハンでいう鎧玉、シレンでいう巻物みたいなもんです。
装備から抽出したエーテルは剣なら剣のエーテル、
盾なら盾のエーテルでまとめてストックされます

武器や防具はこれらのエーテル値を消費して強化する事になるので、
サークルで手に入った剣が今装備してる剣よりも弱い・・・(´・ω・`)
なんて時は売らずにエーテルに変えてしまうのも1つの手です。
エーテルを抽出した装備は消滅してしまいますが、
新しく強い武器を手に入れるよりも手っとり早く戦力の増強が見込めます。

デモンゲイズ (11)
通常の装備はエーテルで+10までしか強化出来ませんが、
1周で1つしか手に入らないレア装備「ユニークアイテム」(☆マークが目印)ならこの通り。
付与された属性や特殊効果も変わった物が多いので、アイテム収集にもより熱が入ります。
新しいレアアイテムを手に入れた時のwktk感は病み付きになりますぜ(o・∀・)゚+.゚

サークルを制圧しつつアイテムを収集→竜姫亭へ帰還→パーティーの強化
を繰り返していき、一定数のサークルを制圧後、次のサークルにジェムを捧げると・・・

デモンゲイズ (12)
雑魚モンスターの代わりにまさかのボスデモン出現!!
「俺の縄張りで何しとんねんコラ!」的なノリで戦闘に突入します。要は中ボス。
ここでボスデモンの所持スキルや特性を把握し、対策を立てるのがベスト。
倒したボスデモンは逃げていくので、後は残りのサークルを潰していくのみ。

デモンゲイズ (13)
ダンジョン内のサークルを全て潰すとボスのシンボルが出現します。
シンボルに接触すればボスデモンとのバトルへ突入!

デモンゲイズ (14)
痴女と化した暴走したボスデモンとの戦闘は熾烈。
こちらもデモンを召喚したり、有利な装備やアイテムを使って乗り切るべし!

デモンゲイズ (15)
見事打ち倒せば封印完了!
更に「神器のジェム」を始めとして貴重なジェムが手に入ります。


デモンゲイズ (16)
神器」とは、1人のキャラクターにつき5つまで装備出来るアイテムで、
装備する事で神器に宿った他職業のスキルを使用出来るようになります。
回復魔法も扱えるウィザードや両手武器2刀流の超火力ファイター等々、
プレイヤーが自由にキャラクターをカスタマイズ出来る訳です。
但し全ての神器はユニークアイテム。どれを誰に付けるか悩むのもまた一興ってもんです。

デモンゲイズ (17)
デモンを封印したら管理人さんの部屋へ行きましょう。
指定の報酬を支払った後、
デモンを主人公が召喚可能となるよう鍵へ変えてくれる筈です。

デモンゲイズ (18)
近い!近いよ管理人さん!!(゚∀゚≡゚∀゚)←うるせえ
でもデモンの魂を渡す為だからね。仕方ないね。
使役するデモンが増える事で行動範囲は広がり、物語も進行していきます。

さて、ちょっと長いですがここまでがゲーム全体の大まかな流れになります。

他にもネットに接続した状態だとデ〇ンズ〇ウル宜しく他プレイヤーのメモが読めたり
デモンゲイズ (21)

アイテムの説明文がひとつひとつ凝っていて図鑑を眺めるのが楽しかったり
デモンゲイズ (20)

面白い要素には事欠かないのですが、
後は実際にプレイして貰った方が楽しめるのでここでは割愛。
因みに制作チームの中には竜姫亭のイメージとして
「めぞん一刻」や「ラブひな」等があるらしく・・・

デモンゲイズ (22)
デモンゲイズ (23)
デモンゲイズ (24)
こんな感じの要素もあります。いや勿論ストーリー全部がこんな感じではないですが。
まぁ制作部隊のチームラ(チームムラマサ)は昔からこういうネタ仕込んでましたし
ストーリーの本筋そのものはとても良い感じになってます。いやマジで。

そして最後に一番アピールしたいのが4段階の難易度選択と各種要素の快適さ。
難易度(プロメスに話せば何回でも変更可)はただ進行の為に上げ下げするのではなく、
高難易度だと高ランク装備が出易い事を利用して、最高難易度にしてサークルで
レアジェムを捧げて高ランク装備を獲得、死にそうになりながら帰還・・・
といった昔のエルミナージュのような事も出来ちゃいます(*・∀・*)
勿論初心者は低難易度にしてゲーム性を楽める点もグッド。

そして地図を指定するだけで自動で移動してくれるオートパイロット、
戦闘テンポの良さ&ログ機能による見逃し防止、オートリピート機能、
1キャラにつき2つの装備セットの登録等々、上記の豊富なハクスラ要素を
最大限に楽しめる快適さ
。これが地味に一番凄いんじゃなかろーかと。

BGMもメロディを重視した曲が多く、鼻歌で歌いたくなる曲が多いです。
専売のサントラ買ってしまうくらいにはお気に入り(*・∀・*)
ほんのちょびっと、ラーメンにかける胡椒程度にボーカロイド(ミクジャナイヨー)
が入ってるんですが、それがまー良いアクセントになってるんですわ。
特に好きなのは拠点である竜姫亭のBGM。マジで中毒性半端無い^q^


「wiz系(3DダンジョンRPG)って狭くて湿っぽい所ばっかり探索して
戦闘も難しくてストーリーもよく分からなくてマニア向けなんでしょ?」
と思ってる人も、
「小宮山氏が抜けたエルミは駄目だし、インデックス倒産で世界樹の続編も絶望的、
もう国内のwiz系は駄目になってしまったんだろーか・・・」
と思ってる人にも
是非プレイして貰いたいですね。脳が蕩けるようなハクスラの快感が待ってまっせ!
少なくとも自分の棚には一生残る事になるソフトでした。
デモンゲイズデモンゲイズ
(2013/01/24)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


続きは既プレイ者がニヤニヤするだけの
パーティー晒しとネタバレになります。お疲れ様でした。
さらし (1)
そんな訳で1周目クリア。いやー面白かった。
取り敢えず全クエスト制覇=裏ボスのクェーサーも倒したし、
宝の地図アイテムは全部取ってないけどもうゴールしても良いよね・・・?
因みに難易度は「あたたかい」でした。まるこげとかマジ無理・・・(´・ω:;.:...

以下PT晒し
さらし (2)
主人公クン。デモンはユピテルちゃんを好んで使ってたので、
あの娘っ子に無双させる為にコイツの武器にだけは金とエーテルは惜しまない!
と思ってたのは中盤までであった・・・後半になるとクロノスを盾に
マルスのパッシブで物理攻撃強化、エリスの太陽の奇跡でズルっこ安定になって
ユピテルちゃんを使う機会が激減するという罠。駄目プレイヤーでゴメンよ・・・。
雑魚には神器のバリスタショット、ボスにはユピテルペインで戦闘でも
普通に活躍してくれました。しかし魔(聖)剣は一回も使わなかったなぁ・・・。
取り敢えずもげろ。プロメスちゃんは渡さん。

さらし (3)
殺してでも奪い取りたい超火力物理アタッカーの娘。
神器の神の両腕、キラーエッジ装備にディバインウェポン&ヒット重ねがけの
サイクロンの威力は凄まじいの一言だったなぁ・・・ラスボスすら余裕で沈むし。
その分下準備をミスると死ねるのでマルスに加えてエリスさんの協力は不可欠でした。
しかし、なんとかドラゴンスレイヤーは装備させてあげたかったなぁ・・・。

さらし (4)
メイン壁のオッサン。とにかく堅い。
というかそうでないと死ぬ(後衛が)。ゲイザーとファイターはアストロフォースで
後衛からチクチクしてたのでフロントガード習得したコイツが神に思えて仕方が無い。
いやマジでお世話になりましたオッサン。もうロストンに帰っていいよ

さらし (5)
\ちっちゃくないもん!/ だがちっちゃい。
回復&バフ&途中から神器でのディバインウェポン役という縁の下の力持ち過ぎる娘。
これでホイッスルが使えれば完璧だったんだけどそこまで贅沢は言うまい・・・。
水中でのホーリーシールドも地味に有難い存在でした。

さらし (6)
毎度恒例パ〇ズリエ〇漫画が元ネタの淫乱娘。
こいつもデバフ&ディバインウェポンで暇になったらクアッドボルト。
しかし装備の関係か同じ後衛職でもこいつの方がよく落ちる・・・(´・ω・`)

最後にプロメスちゃんがメインヒロインのフランを差し置いて可愛すぎる。
ドクロ&キノコイベント全部消化したらマジで胸キュンだった件。
2013-06-30-044736.jpg
2013-06-30-044314.jpg

こんな精霊神の化身が居たら僕はもう・・・!的な薄い本を是非とも。















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。