スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

雰囲気は大事

結局はフリゲだしなぁ、とちょっとだけ敬遠していた「洞窟物語」「ふしぎの城のヘレン」
今まで敬遠してた自分を殴りたくなるたくなるレベルで面白くて戦慄・・・keamaです。
ああいうゲームって作った人の独特の雰囲気がゲームにモロに反映されてて、
それが自分の好みに合致した時の感じ方というか、そういうのが物凄いんですよね。
「洞窟物語」はコンシューマ媒体で2作も出てて知名度も高いと思われますが、
「ふしぎの城のヘレン」もぶっちゃけDL専用で商業化しても良いくらいのクオリティかと。
ちょっと頭を使うけれどすぐに慣れて、且つ慣れて思い通りに展開を運べると
物凄く楽しい敵との戦闘や、よく動くドットとツッコミ所満載のコミカルなキャラクター・・・
もう全てがツボでしたね。全体のプレイ時間は5~6時間とコンパクトなんですが、
戦闘システムと秀逸なマップ構成も相まって物凄く濃密な5時間だったなぁ、と。

そして上記2作に共通してるのが、徐々に明らかになる世界観&主人公自身の記憶とBGMが
マッチして、ゲームの進行につれて何ともいえない素晴らしい雰囲気を醸し出している点。
まぁ、大抵そういう雰囲気のゲームにどっぷり浸かっちゃうと、
クリアした後の喪失感も半端なかったりするんですけどね(;^ω^)

各所で著名な「洞窟物語」は勿論、「ふしぎの城のヘレン」の方も
「まーたあいつなんか変なゲームハマって1人でテンション上がってるよwww」とか思わず・・・
いや別に思われても良いんですが、是非とも好き嫌いせず一度触って貰いたいもんです。

「ふしぎの城のヘレン」の解り易いレビューがあったので置いておきます。
ツクールRTP等は一切不要で、作者のHPからダウンロード可能です。
レビュー『ふしぎの城のヘレン』 | NYDGamer
helen110_02.jpg

閑話休題

ツイッターであんだけ楽しみ楽しみ言ってた「ナチュラルドクトリン」・・・を売却して(オイ
購入した「アーシャのアトリエPlus」が面白すぎて、vitaから手が離せない状態です。
以前も呟いたんですが、アトリエ扱いの拠点が各都市&村に存在するのでテンポも良く、
意外と簡単な調合と合間のイベント、美麗なフィールドや3Dモデルが相まって恐ろしい勢いで
時間が吸い取られていきますね。個人的に調合する事自体あまり好きではないのですが、
その他の要素が良すぎる所為か今のところ全く苦になっていません。ガストちゃんすげえ!
これも結局のところBGM含めて、静かだけど綺麗な雰囲気がメチャクチャ良いんですよねー。

アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~
(2014/03/27)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

お前さっきから「雰囲気が良い」しか言ってねえじゃねーか!!と言われそうですが、
確かに最近はこういう自分好みな雰囲気のゲームしかプレイしてない気がしますね。
でもやっぱりゲームにおいて雰囲気って物凄く大事なパーツだと思うんだよなぁ・・・。















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。