コミック版デモンゲイズを読む

デモンゲイズ (1) (電撃コミックスNEXT)デモンゲイズ (1) (電撃コミックスNEXT)
(2014/04/26)
くろの

商品詳細を見る

普段プレイしてるゲームが原作のコミックは殆ど買わないんですが、
Pixivでお気に入りの方が描いてるというのと、このご時世にダンジョンRPG、
しかもプレイヤーがキャラメイクする作品をコミック化って、ねぇ・・・?
昔のwizardryのコミックはすんごく面白かったんですが、あれはあれで
設定に対する独自の秀逸な解釈と引き込まれるストーリーが存在したからであって。
『一体どんな作品になってしまうんだろーか・・・』と興味半分、怖さ半分で購入。

まず結論から言うと、普通に面白かったです。ハイ。
主人公オズの性格は熱血漢でお調子者だが情に厚いといった感じで、
一昔前のライトなファンタジー漫画の主人公を想像して貰えると分かり易いかも。
1巻のストーリーはマルス&どっせいクロノスを封印するところまで。
メンバーは豪快で懐の深いドワーフ(サムライ:♂)、優しい性格のヒューマン(ヒーラー:♀)、
意地っ張りなエルフ(ウィザード:♀)、オズを含めて今のところ4人。ゲーム的に実用的な
PTではないですが、それぞれキャラクターはきちんと立っているんじゃなかろーかと。
オズは熱血漢な上に無鉄砲なので仲間達は散々振り回される羽目になるんですが、
いざという時は頼れるリーダーとしてオズを信じてフォローに回る・・・という
お約束とはいえ結構アツい展開があったりします。ほんと一昔前の少年漫画といった感じ。

そしてコミックのみの要素として非常に興味深いのが『デモンの素性』について。
ゲーム版ではダンジョンのサークルを潰していぶり出して倒して封印して使役して・・・
と、台詞等で個性はあれど割と召喚獣扱いだったデモンですが、コミック版では
暴走デモンとして暴れる前に何があったのか、何故そのダンジョンに居付くのか
そういった『デモン側』の描写にかなり力が入ってるように感じました。
現時点で封印したコメットとマルスなんかは結構な頻度で鍵から実体化して
(しかも勝手に)オズや周りの人々と楽しくお喋りしてますしね。
デモン同士の関係についても例えばマルス戦の際召喚されたコメットが
『あいつ相手とか無理!(´;ω;`)』と嘆いたりクロノスについて話すマルスが
『あいつ(クロノス)は優しいやつなんだよ』とフォローを入れたりと、かなり
しっかり描かれてるんじゃなかろーかと。この点が個人的にかなり好印象。

あとデモンがかわいい。
2014080221490000.jpg
2014080221480000.jpg
ゲームに比べてかなり幼女化したマルスも勿論なんだけど
何このクロノス・・・!ゲームではどっせいどっせい言われてるのが嘘のような可愛さ(;^ω^)
これは今からユピテルちゃんの登場に期待するしかない。というかしない方がおかしい。

あー早く出てきて暴走してくれないかなぁ(o・∀・)゚+.゚ワクテカ















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top