スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「ロードライト・フェイス」プレイ雑感

いやー、明けましたね。2016年。今年も宜しくお願いします(遅い
前回の記事でMHXソロを頑張る的な事ほざいてましたが、スマンありゃ嘘だった。
やっぱMHXはやらされてる感が強くて駄目ですね(´・ω・`)
武器の強化先が適性レベルまで見えない仕様、武器防具の強化に頻繁に要求される素材、要求素材のチョイスもやけに元モンスに関係の無い物が多いetc...
現状ブラボやスマブラが楽しいので、余程の事がない限りソロではやらないかなぁ。
で、最近はアクションで疲れた目と指の休憩を兼ねてちょこちょこフリゲRPGを齧ってるんですが、今回紹介する「ロードライト・フェイス」も例によってフリーのRPGです。

ろ (1)
今更ですがタイトル画面くっそシンプルですね・・・。
今作はノンフィールドRPG、つまりフィールドマップがありません。
ダンジョンをひたすら前に進むのみ、後退の選択肢はありません。

ろ (2)
『はじめから』を選んで難易度を選択したら早速キャラメイク。
LPは一般でいうHP、筋力、魔力、敏捷はそれぞれの系統武器での攻撃時に影響するステータスです。
筋力系武器なら筋力を、敏捷系武器なら敏捷を、魔力系武器なら魔力をって感じですね。
そのまんまですが筋力+魔力の複合や固定ダメージの武器なんかもあります。
ただ敏捷に関しては他にも回避率とクリティカル攻撃の発生率に影響します。
上昇LPはそのまま、レベルアップした際に上昇する最大LP量です。

ろ (3)
ゲーム画面の大半がこんな感じ。
ステージ毎、最後の一歩に居るボスを倒すのが目的です。全5ステージ。

ろ (4)
雑魚敵とエンカウントする残り歩数はある程度決まっています。
戦闘は主人公→敵の順番に攻撃。LPがゼロになるとゲームオーバー。
こちらの攻撃にのみクリティカル判定、敵の攻撃にのみ回避判定があります。
アイテムにはサガよろしく使用回数が設定されており、使い切ると壊れます。
ただし最後の一撃は与ダメージ2倍、更に壊れる際に『Faith』を得る事が出来ます。
この先程からちょこちょこ出てくる『Faith』、要はステ振りの為のボーナスポイントです。

ろ (7)
ステ振りは『教会』で行います。
教会の場所はステージ毎に決まっているので、計画的に手持ちの武器を壊していく事がこのゲームのキモになります。

ろ (6)
アイテムの調達はランダムドロップの他に、これまた決まった場所にある『商店』で購入する事が出来ます。
ただし、対価は金ではなく最大LPで支払う事になります。
当然買い過ぎるとクッソ貧弱になるので注意。

ろ (5)
因みに要らないアイテムを処分する事でLPが全回復します。
一応ポーション等の戦闘中に使用する回復アイテムもありますが、回復量は大した事ないのでLPの回復は基本アイテムを捧げるのがメインになります。

大体こんな感じのシステムですね。以下雑感。
まずアイテムの取捨選択が非常に悩ましく、面白いです。
強力な武器ほど使用回数が少なく、Faithを得易いものの継戦能力は低い。
弱い武器ほど使用回数が多めで、継戦能力は高いもののFaithを得難く、且つ終盤の相手には歯が立たない。
武器を残り回数1で温存しておいて、次の雑魚を確殺したり、ボスに強力な一撃を叩き込むのも良いが、教会へ辿り着くまでには壊しておきたい。
所持品MAX状態だが、良ドロップに賭けて手持ちを一つ捧げて空きを作ってみる。
こういったジレンマがほんっとーに楽しいゲームです。
1プレイが20分前後と短く、ランダム要素があるので何度もプレイ出来るのも良いですね(ローグライク系のプレイスタイルに近い)。
それと、クリアorゲームオーバーになった際にプレイログが保存されるのも個人的にかなり嬉しいです。
ろ (10)
自分の鋭い読みや豪運、ガバ運を思い出しながらニヤニヤ出来ます。
人によってにプレイングがかなり違うので、他の人のプレイログを見るのも楽しそうですね。

手軽にサクサク遊べて、何度でも楽しめる良作RPGなので気になった人は是非ダウンロードしてプレイしてみる事をお勧めします。
というかコレ、携帯機のソフトだったら確実に廃人になってただろうなぁ(;´∀`)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。