「ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~」プレイ雑感

ダクソⅢが発売するまで繋ぎ目的でプレイし始めたPS4版ダクソⅡの息抜き用になんとなーく買った「ソフィーのアトリエ」(因みにPS4版)予想以上にハマってしまい一気にクリア。
1.jpg
もうおまいら結婚しちゃえ。
いやー、やっぱ日数制限が無いと捗りますね。
残り日数に脅えずに自分のペースで思う存分調合やLv上げが出来るのはかなり嬉しい。
取り逃すと致命的な要素も無いので、日数経過する度に血眼でイベントを探す必要も無し。
以前プレイしたアーシャなんか、残り日数ギリギリで妹助けて誰ともフラグ立てずにノーマルENDだったからね( ´・ω・)y─┛~~~oΟ
今作ではキャラが全員拠点に居るので、いつでも会いに行けるのが良いですねー。

2_2016031510462682f.jpg
アトリエシリーズ定番のお洒落なメニュー画面ほんとすき。
面子は当然固定の主人公ソフィーにメイン嫁のプラフタ。
本から人になってからのデレっぷりが半端無い。まさに正妻の風格(*゚∀゚)=3ムッハー
錬金アイテムもかなり豊富に使えてバトル面でもかなり頼りになります。

サブ嫁(?)にコルネリアことコルちゃん。
立ち絵も声も3Dモデルもクッソ可愛い上に素早さが高いという理由で採用。
ただスキル「瞑想」使用時の謎ポーズは何度見ても笑う。
3.jpg
┐( ゚д゚ )┌カーン!(効果音)

最後は肉壁兼回復薬要員のジュリオ君。
本来PT面子はソフィーの百合ハーレムにしたくてヤローは入れない予定だったんですが、デフォルトで火力と防御が高く、序盤から重宝してたらそのままズルズル憑いてきてました。
まぁあんまソフィーにモーションかけてこないし、人畜無害そうなので採用(オイ

Lvは20でMAX。ところで最初、Lv20にUPしてMAX表記された時に「え、これもうLvMAXなん?低っ!」と思ったし、今この記事読んでてそう思った方も居ると思います。
4.jpg
実はLvMAX以降はポイント蓄積でのスキル習得制になるんですよねー。
このシステムがホント好きで、特に本格的に考えた育成が必要になってくる敵がクリア後に多い本作においてはかなり嬉しいです。
既存スキルのグレードアップなんかは他のRPGでも採用して欲しいくらい。
(世界樹やセンブンスドラゴン等、最初からスキルポイント制の作品には勿論ありますが)

5.jpg
戦闘に関してはそこまで期待してなかったんですが、普通に面白かったです。
各キャラ毎に使用出来るアイテムに制限がある事で戦闘での役割もしっかり立っていて、行動順を調整してサポートを発動させるのを考えたりするのも楽しかったですね。
難易度はノーマルでプレイしてたんですが、ちょっと敵のLvが上がると火力が跳ね上がるので、強いアイテム作って無双という事にもなり難いんじゃないかと。
早送り機能もあるので素材マラソンも超快適。BGM変更すれば気分転換にもなりますしね。

調合はほんっとーに分かり易く簡単になりました。
加えてコルちゃんのお店でアイテム複製も出来て探索終了後有料で使用回数の回復もしてくれるので、お気に入りのアイテムをケチらずバンバン使う事が出来ます。コルちゃんマジ神

ドールイメイクに関しては個人的におまけ程度かな?と。
プラフタを強化する手段としては利用しましたが、個人的に見た目はオリジナルが一番可愛いと思ってるので。
一度作った形態を保存してくれればもっと色々試せて良かったんですけどね。
今作における数少ない不満点でもあります。
可愛さは次点でウィンディアですかね。オーディンスフィアのグウェンドリンっぽい。
6.jpg

そして初見で流れる電波ソングで「ファッ!?」ってなる。これは誰もが通る道かとw

何度聴いても歌詞が酷過ぎる、はっきり分かんだね。
ガストちゃんはメルルのアレで一旦大人しくなったと思ったらすーぐコレだ。

BGMに関しては「かなり環境音に寄ってるな」と。
耳に心地良いもののグッと印象に残る曲は少ない印象ですね。
とはいえ曲自体は良曲揃いなので、サントラ買って読書中にかけたりしたいかも。
ただ通常戦闘BGMの「雲雀東風」は神懸かってる、これだけは真実を伝えたかった。


総じてアトリエシリーズの中ではかなり快適でとっつき易い作品ではなかろーかと。
特に従来のアトリエと同じように日数制限や調合周りで敬遠してる人ほど嬉しく感じるシステムなので、そういった人にこそ是非のんびりプレイして貰いたいですねー。















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top