「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて(PS4版)」プレイ雑感

PS4版ドラクエ11クリアしました。8月末に「まったり普通のRPGがやりてぇ...!」
という謎の衝動に駆られて購入したんですが、本当にまったり進行で気付けばクリアしたのは年明けでした。流石にまったりし過ぎですね...。

3Dドラクエは初体験だったんですが、まずフィールドの奇麗なこと奇麗なこと。
当たり前ですがドラクエなので洋ゲーのように「まるで実写!」ってベクトルではないんですが、それでも奇麗なもんは奇麗なんです。
色々な乗り物に乗れたり、ルーラやリレミトがMP0で使えたりと探索を快適にしてくれる要素が多いので、フィールド移動が全く苦になりませんでしたね。

キャラのモデルも鳥山先生のキャラデザを上手く3Dに落とし込んでいて、
プレイ当初「鳥山絵じゃ抜けんな...」というスタンスだった僕は、現在マルティナのスケベピクチャーを漁りまくってます。や鳥神。
戦闘モーションもかなり気合が入っていて、いかにもカッコ良さそうな特技や呪文はきちんとカッコ良くなってます。
個人的にはベロニカとセーニャが特定の高威力呪文を撃つ時にだけ取るあのポーズが好きです。
他にも敵の「誘う踊り」につられて踊るモーションがキャラ毎に個性的だったりと、
「ただ3Dにしただけではない」という製作者の拘りが存分に伝わってきますね。
敵モンスターもモーションを含め非常に多彩で愛嬌があり、
敵ながらどこか憎めないという本来の魅力が3Dでもしっかり再現されています。
スライムナイトってああやって歩くんだ...?
そして一番の恩恵はイベントムービーで、3Dのそれは非常に見応えがあります。

仲間キャラも魅力的で、プレイ後は女性キャラのみならず男性キャラも含めて全員大好きになりました。
盗賊で主人公の相棒というか最早嫁で良いんじゃねーかとまで言われる「カミュ」
双子の姉で強気な合法ロリ魔法使い「ベロニカ」お姉ちゃん
双子の妹でおっとり献身的な僧侶「セーニャ」エグいオナニーしてそう
イケメンで人格者で戦闘でも頼りになる勇者より勇者してるオカマ「シルビア」
公式設定がエロ同人に優し過ぎる脳筋武闘家「マルティナ」おねえちゃん
LvUP時のモーションが一番可愛い博識だがスケベでどこか憎めない老賢者「ロウ」

サラサラヘアー(と公式でもネタにされる)主人公にも思いの外すぐ慣れました。
その他諸々のキャラはネタバレになるので割愛。

ストーリーは最初かなり意表を突かれましたね。
まさか王様から棍棒やはした金を貰ってさぁ行け勇者よ!と送り出される訳でもなく
「悪魔の子め!死ね!!!!」と追い回される事になるとはたまげたなぁ...
とはいえ後は王道。
笑いあり、涙ありで合間にしっかり仲間達の掘り下げも挟まれます。
僕は感情移入し過ぎて中盤~終盤でそれはもう泣きに泣きました。ええ本当に...。

PS4版はシンボルエンカウントなんですが、適度に戦い適度にLvを上げ適度に装備を整えれば丁度いいバランスじゃないかなぁと。
逆に言えばしっかりLvを上げたり装備にこだわったりパーティーメンバーのシナジーを考えるなど、工夫をすれば更に楽になるでしょう。
総じてゲームとしての難易度は楽~普通の間だと思います。
僕は図鑑未登録のモンスターとは一回戦って後は探索ばかりしていたので、
ボス戦やイベント戦は適度に歯応えのある難易度だったと思います。
それでもカミュがしっかり育ったらかなり楽だったけどな!
あ、終盤になって勝てない人は取り合えずカミュを使いましょう。
1ターンの準備を経て勇者の特技を遥かに超える大ダメージを叩き出す
僕が今までプレイしてきたゲームに登場する「盗賊」の中で
間違いなく最強の部類に入るキャラクター
だと思います。盗賊とは...?

今作の育成周りは「LvUPで習得する特技・呪文」+「スキルパネル」
となっており、スキルの取捨選択でプレイヤーの個性を出していく形です。
スキルは中盤以降気軽に振り直しが可能なので、
育成に失敗して詰んだ!という事態がまず起きないのが嬉しいですね。

前述したカミュも序~中盤は火力に難がありますが、
終盤になってスキルの組み合わせで化けます。

最後に今作にはBGMを含め、過去作品のオマージュが至る所に、
かつシリーズ未経験者にも違和感の無いように詰め込まれています。
ドラクエシリーズ既プレイの人はニヤニヤしながらプレイしましょう。
もしかしたら感動のあまり泣いてしまうかもしれません。
ナンバリングを一つもクリアした事のない(ネタは知っている)僕は
終盤のとある場面で過去作のあのBGMが流れた瞬間ぽろぽろ泣きました。

まとめると
「3D化し要所が快適になりつつもドラクエらしさをしっかり残した名作」
といった感じですね。あと女の子が可愛い。これは本当に大事なことですね。
シリーズ既プレイ未プレイ問わず、普段RPGをプレイしない人でも遊び易い
間口の広い作品になっているので、興味のある人は買ってプレイ、しよう!

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top